先日、単身赴任の引っ越しを行ったのですが、そのときに業者さんへ慣例として渡すことの多いと聞いた心付けをどのくらいの金額にしようかと奥さんと相談しました。

その際の引っ越しは、引っ越しといっても作業に携わったスタッフは2人だけでしたし、1時間ちょっとしかかからなかったですし、結果的には2人にお茶をふるまったくらいで心付けを渡すことはしませんでした。

引っ越しの日も間近に迫ってきたのに、エアコンの取り外しや設置について、何も決定していないという問題にお困りではないでしょうか。専門の知識がないと、なかなか取り外しも取り付けも困難で、そうであるなら、電気屋さんに依頼するのか、引っ越し会社のスタッフに、取り外してくれるよう依頼するか、また、転居先での取り付けはどうするのか等々、わからなことだらけで悩みますね。エアコンに関しては、専門家に任せるのが一番確実ですから、エアコンサポートセンターなどに問い合わせをしてみるのも良いでしょう。先週末に引っ越しました。
新居に入った日、夕方になって部屋の明かりをつけて「ここに住むんだ」と嬉しくなりました。

その日の夜は、思い切って普段は食べられないようなピザとお寿司を宅配で、大好きなワインも買ってきてみんなでささやかな乾杯をしました。

新居での生活も楽しみいっぱいです。

引越しをするとなると大変なのが掃除です。

全部を家の外に出してから、ピカピカにするのはもちろんですが、少しずつでも、前もって始めていくのが結局、自分が楽になります。

コツは荷造りの前に、家の掃除を始めることだと思います。
そうすることで、最後の仕上げにさっと軽く掃除するだけですみます。

引っ越しすることに伴い、エアコンが要らなくなってしまいました。

一般的な賃貸物件ですと、エアコンの設備が付いています。

わたしが住んでいるところは、古い寮のため、エアコンは、自分で付けないといけない事になっていました。

寮なんかじゃなく、賃貸にした方がよかったなと悔やんでいます。
引っ越しを機会に電話回線を使い続けるか、もう止めるかも、もう一度見直してみましょう。
今は、固定電話があるのは当たり前という状況ではありませんが、固定電話を使い続けるという意見がまとまったら、電話会社との間で、転居しても使い続けるための作業が欠かせません。書類の往復に手間取っていると、固定電話のない生活を余儀なくされますから引っ越しを決めたらできるだけ早めに手を打つに越したことはありません。

引っ越し業者に大体の運搬はお願いするとしても、自分自身でできる範囲の梱包をやっておけば、比較的、安くあげられます。当然、当日、引っ越しに掛かってくる時間そのものも節約することができます。CMや公式サイトなどで全てお任せできることを売りにしている引っ越し業者でもいろいろなプランが他にもラインナップされてますので、一度調べてみることをおすすめします。

今回の引越しのときには、住民票の移動は早めに、行おうと思っていました。
まずは私自身が転出届けの手続をしに行き、主人が引っ越しのその当日に、転入届を提出できるようにその日程を打ち合わせしておいて引越しました。他にも引越しのときには多くの手続きにわずらわされるので忘れないようにリストにして計画的にひとつひとつ行っていくことが大事では、と思います。

引越で古い方の部屋を出て行くときにお金のことでもめることがあります。

部屋を明け渡す際にどのような費用がかかるのか、どのようなケースがあり弁償することになるのかなど新しい部屋を借りる前にちゃんと自分の目で確認しましょう。

また、納得がいかないのに請求をされたときは、支払い義務のない費用が入れられているかもしれないので、大切なことは、正しい知識を持つことです。引っ越しの荷物が全て積み込まれるのに、時間がどれくらいかかるかはその度に変わるのが普通で、一定にはなりません。部屋は何階なのか、荷物はどれだけあるのか、更に、作業をする人員の数などによって全く変わってくるものです。

それでもかなり大雑把にいうと、一番短時間で済むのは、荷物の少ない単身者の場合で、これが30分程、相当荷物の多い、家族の引っ越しであれば2時間と少し程、だいたい普通の一般家庭の引っ越しなら、これらの範囲内で済むようです。引越しにおいて一番必要なものは運搬物を入れる箱です。
小物もちゃんと整理して段ボールに収納さえしておけば、転居の作業時間も減少し、引越し業者も助かります。

段ボールは引越し業者が無料でくれることも結構、ありますので、見積もり時に確かめておくとよいでしょう。引っ越し専門業者としては、日本通運(日通)も「引っ越しは、日通」のキャッチコピーとともに、誰でも知っている事業になりました。昔から引っ越しサービスを行ってきた業者であれば、引越社、引越センターといった、専門業者であることを表す会社名であるのがどこの地域でもみられました。ところが、運送会社は近年、一般家庭の引っ越しに目をつけ、事業に参入しているのです。
運送会社が行う引っ越しサービスは数多いのですが、日通など大手の会社だったら、引っ越しサービスも充実しているでしょう。引越しので、荷物をまとめる際に皿やグラス、雑貨で破損しやすい物はタオルや洋服等の布で包んで梱包しますいらない雑誌や新聞紙でも大丈夫ですが、意外と量が多くなり、捨てることが大変です。引越しが終わると、大量の空っぽのダンボールが出ますし、そのうえ紙くずも出ると案外、スペースを取ってしまいます。なんらかのサービスをしてもらった時にすっとチップを差し出す、ということを、普段行なう人はなかなかいないと思いますが、しかし、引っ越しの時に限り、料金以外のチップの様なお金を、業者に渡している人は多いです。

引っ越し作業という大仕事をしてくれるスタッフに感謝をこめていくらか手渡したり、あるいは飲み物、軽食などを用意する人も多いです。
これらは、全く必要ないことではありますが、重労働の後にそういった心付けをもらええると、スタッフとしてもやはり嬉しい、というのが本当のところのようです。
家を移る際、大型自動車を停止したり、荷物を通路に仮置きしたりするため、前もって隣の方に挨拶に行くのが常識です。

車の利用や通行の支障になりますので、事前に同意を得ておくとその後のトラブルも防げます。引越し会社に依頼した場合は、そのような手間も代わりに行ってくれます。
ベッドの運送には見積もりが必要